バーベキューの肉の量の目安は?大人数の場合の準備したい種類とは

バーベキューで必要な肉の量の目安とは?大人数になるほど、どのぐらい用意すればいいのか悩みますね。

そこで買い出しの前に準備しておきたいことやおすすめの食材や種類をご紹介しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

バーベキューの肉の量の目安は

バーベキューに参加する人数が10人以上など大人数の場合、買い出しには頭を痛めてしまいそうですが、冷静に一人当たりの量から考えます。

一般的には  一人当たり 200g で考えます。

ステーキやハンバーグを食べに行く時の肉の量で考えてみると分かりやすいですね。

200g程度を基準として、あとはバーベキューに参加するメンバーから考慮した構成次第となります。

例えば若い人や男性が多く、ガッツリ肉を食べたいのであれば200g~300g、年配の方や女性が多いのであれば150gに押さえて他の食材を増やします。

また安く抑えたいのであれば、150gに押さえてソーセージ類や焼きそば、おにぎりなどのご飯ものを増やしてボリュームアップさせます。

こうしてみると大人数でもイメージしやすくなりますね。

大体決めた肉の量 × 人数 で必要な肉の量が分かりますね。

例えば200gで10人分とすると、2キロということになります。


スポンサーリンク

バーベキューの肉の種類や大人数の場合で準備したい食材

・肉の種類

バーベキューに必要な肉の量が大体決まったところで次は肉の種類ですね。

一般的に カルビ、ロース、タン、牛に豚、鶏肉 あたりでしょうか。

まんべんなく同じ量を購入しても良いのですが、多くの人が食べることができ、人気なのが牛のカルビ、ロースなのでこの二つは多めの方が良いですね。

また、ホルモン系には好みがあるので参加されるメンバーから考慮してみて下さい。

焼き鳥やねぎまなど串に刺さったタイプは食べやすいので種類を増やすのにも便利です。そして量を増やすのにソーセージ類も欠かせない存在です。

・魚介類

エビ、イカ、そしてホタテなどの貝類は焼きやすいです。

魚の切り身や川魚も味に変化が付くので楽しむことはできますが、網には焦げ付きやすいのでホイルを使うか、大きめにぶつ切りにして串に刺すなどの工夫をしておくと良いですね。

・野菜

ニンジンやカボチャなど厚めに切った野菜などは時間がかかる割にはあまり食べなくて、いつの間にか黒焦げに・・ということも多いですね。

ナスやキノコ類などの火の通りやすいものや、ホイル焼きなどのひと手間を加えた方が食べやすく消費しやすいです。

人数が多く、あまり手間を加えたくないのであれば生野菜やサラダが便利ですね。

サンチュなどを用意しておくと肉を巻いてヘルシーに頂くことが出来るので女性やお子さんに好まれています。

・ご飯、焼きそば

量を増やしたい時や、アルコールを飲まれない方々にはぜひ用意しておきたいですね。

とは言っても残りやすい食材なので、人数の半量を目安に準備されると良いですね。

・調味料

焼肉のタレの他にも塩コショウ、醤油、などが必要です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?大人数分の買い出しが必要な場合でも、一人当たりの食べる量をイメージすると分かりやすくなりますね。

ぜひ参考になさって楽しいバーベキューにして下さいね!

こちらも参考にどうぞ

バーベキューの肉の量は?小学生の目安や用意する種類やアイディア

バーベキューで肉以外の子供にもおすすめな料理やおやつは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。