ボジョレーヌーボーはなぜ有名?解禁とは?人気の秘密とは?

ボジョレーヌーボーの季節になりましたね。
日本では毎年のようにメディアで取り上げられる解禁日の様子。

どうしてこんなに騒がれているのでしょうか?

ボジョレーヌーボーってそもそも何のワインなの?

今さら聞けない事ってたくさんありますよね。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーはなぜこんなに有名なの?

ワインのことをよく知らない方でも、これほどメディアで取り上げているので、
ボジョレーヌーボーだけは知っている方も多いですね。

なぜこんなにも有名なのでしょうか?

ワインは通常どんなに安いものでも一年間かけてじっくり熟成し、
次の年に出荷されます。

その中でただ一つの例外なのがボジョレーに代表されるヌーボーです。
「ヌーボー」とは「新しい」を意味する「新酒」のことです。

その年の収穫を祝う目的を持っています。
そして今年の採れたブドウの出来を知るために作られるワインなのです。

ワインの中でも特別な存在で有名なのはそのためです。

また熟成をさせていないので手間もかかっていないから比較的安価です。

ワインは熟成させるものというイメージがある中、解禁日にわれ先にと
飲む光景を見かけるのも納得できますね。

ボジョレーヌーボーにはなぜ解禁日があるの?

ボジョレーヌーボーと同じく耳にする単語が「解禁日」ですね。

ほかのワインには聞かないのに、どうしてボジョレーヌーボーには解禁日が
あるのかも気になるところ。

そもそも何の解禁なのでしょうか。

ボジョレーヌーボーの販売日とはお店で販売することを許される
販売解禁ということです。

スポンサーリンク

なぜ販売解禁日が設けられているのかというと、収穫を祝うヌーヴォーは
もともとよく売れるワインでした。

そのため各メーカーが早くヌーヴォーを出荷させようと競い合うようになりました。

競争はだんだんエスカレートすることになり、とうとうワインとして
十分出来上がっていない粗悪品のワインまで出回るようになってしまいました。

品質の保たれたヌーヴォーを守るためにも解禁日が設けたのです。

これ以降、各メーカーは解禁日までにきちんとしたワインを作ることになったのです。

ボジョレーヌーボーはなぜ日本で人気なの?

ボジョレーヌーボーはこれほど日本で人気なのでしょうか?

ボジョレーヌーボーの母国フランスを除く国の中で最も消費しているのは
日本とも言われています。

解禁日が盛り上がる理由として日付変更線の関係上、フランスより
早く解禁日が来るのが、日本だからです。

これが最大の理由ですね。

そして日本人には季節を感じられる風物詩を好む習慣があります。
日本人の好みにピッタリなイベント的要素が長年の人気を支えています。

ワイン自体、熟成がされておらず口当たりの良い軽めの仕上がりで、
お値段も安価なのが気軽に楽しむことができます。

普段ワインに馴染みのない方でも気軽に楽しめることも大きいですね。

まとめ

ピーク時に比べると少し落ち着いていますが、今でも恒例行事のように
取り上げられているボジョレーヌーボーの解禁日。

毎年楽しんでいる方にとっては、季節を感じる風物詩としてなくては
ならないものの位置付けにもなっているワインです。

ボジョレーヌーボーの意味を知った今年は、季節をワインで感じてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。