五月人形の処分方法 ガラスケース入りの場合について供養は必要?

役目を終えた五月人形の処分方法について迷っている方も多いですね。ガラスケース入りの場合はどうしたら良いのでしょうか?

願いや想いの詰まった人形なので、きちんと供養するべきなのかどうか。五月人形や雛人形など節句人形についての意味を知るとご自身に合う処分方法がきっと見つかりますよ。

スポンサーリンク

こどもの日に柏餅やちまきの由来 行事の意味を伝えるには

五月人形の処分方法 ガラスケース入りの場合は?

五月人形の処分方法としましては、以下の方法があります。

・ゴミに出す
・人に譲る
・供養して引き取ってもらう

処分の仕方次第で、ガラスケース入りの場合は方法が変わります。順番にご紹介しますね。

・ゴミに出す

木製・プラスチック製・陶器製など素材もさまざまなので、燃えるゴミか粗大ごみになるのかはお住いの地域の分別次第です。

この場合はガラスケースから取り外して、出来ることならガラスケースも分解して解体するのが一番処分しやすいですね。

ガラスケースは意外と簡単に解体できます。難しい場合は粗大ゴミとして処理しましょう。

五月人形をゴミとして処分してよいモノかどうか悩まれる場合は下記の供養についても参考になさってみて下さい。

・人に譲る

知り合いや施設に譲る。人形を寄付する。あとはリサイクルショップに引き取ってもらう、オークションで売るなどの方法があります。

人に譲る場合は処分費用もかかりませんし、供養が必要かどうかの面倒もなくなるのでとても都合が良いようにもみえますが、受け取る方が本当に喜んでいるのかどうか慎重になる必要があります。

お子さんが生まれたらその子の健康や成長を願って新しい人形を買ってあげたいと思うものです。親戚から古い節句人形をもらって困っているというのもよく聞く話。

せっかくの人形なので、迷惑になることは避けたいですね。

リサイクルやオークションなどの場合、海外では日本のものの人気が高く、人形にまつわる認識についても違いがあるので喜ばれる場合もあります。

ですが日本国内では中古の人形にそれほど需要は高くないので、あまり値段がつかないと考えておいた方が良いでしょう。

・供養して引き取ってもらう

人形供養の代行サービスを行っている神社は全国各地にあります。近くの神社で人形供養を行っているかどうかは事前に問い合わせをしてみて下さい。

人形供養を行っている場合でも、そのほとんどは人形のみの供養になります。ガラスケースから取り外し、ケースの方はご自身で処分することになります。

全国から人形供養を受け付けている神社やお寺、葬儀会社などはネットでも簡単に見つけることができます。

また、人形供養として有名なのが日本人形協会です。日本人形に関する製造業者や小売り業者の団体で全国から人形供養を受け付けています。

供養をお願いするところに迷った場合はぜひ調べてみて下さい。近くの神社を探すことや問い合わせが面倒と感じる方におすすめですね。

ほとんどの場合でネットや電話での受付後、ダンボールに梱包し送る流れになっています。

大きさにもよりますが、一箱3000円~5000円程度になります。


スポンサーリンク

五月人形の処分方法 供養はやっぱり必要?

五月人形の処分方法としてゴミに出す場合、供養について気になる方も多いですね。供養しなければならないのでしょうか?

本来五月人形や雛人形などの節句人形とは子供の健康や成長を願って飾られるものです。

そこでお子さんが無事に成長しているのであれば節句人形としての役目を終えてただの人形になると考えられています。

よく人形に魂が宿るとか、目のあるものには魂が宿るという言い方もされますね。ぬいぐるみの処分にも慎重になる方もいらっしゃいます。

あとは個人の考え方次第ということになります。

・子供への願いを込めて飾ってきた人形。
・まるで人ように精巧に作られていて気持ちがこもってしまう人形。
・大切な家族に買ってもらった人形。
・購入した時にそれなりにお値段のした人形・・。

単なる処分に気になるのなら人形供養に出した方が良いでしょう。そうでなければ今までの感謝をこめてゴミに出せば良いと思います。

気持ちよく処分できる方法をお選び下さいね。

まとめ

五月人形など節句人形について改めて知り、気持ちの整理がつくと処分の方法が見つかるのではないでしょうか。

五月人形だけでなく、雛人形や日本人形についても同じように考えられます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

■こちらも参考にどうぞ。
こどもの日のごはん献立で簡単なものや兜メニューのアイディア

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。