紅葉をデジカメで撮影するポイントとは?テクニックや方法について

鮮やかに彩る紅葉のシーズンがやってきますね。
その時の感動をできれば写真に収めておきたいもの。

だけど後で見てみると、思ったように撮れていないことも。

イメージに近づけるような撮影のポイントが知りたいですね。

スポンサーリンク

紅葉を人気スポットで撮影するポイントとは?

美しい紅葉が楽しめる人気のエリアはどうしても訪れている方の数も多く、
混雑しています。

なんとか撮影できても、どうしても風景に人が入り込んでしまいますね。

こんな時は、入り込んでしまう見物客をメインとして写真を撮ってみては
いかがでしょうか?

紅葉シーズンの名所に訪れる人々も景色の一部と考えると、
違った作品として見えてくるのではないでしょうか。

紅葉一辺倒の写真は後で見返してみると図鑑のようで味気なかったり
するものです。

見物している方を被写体にする時は、カメラを構えていない方が
良いですね。

紅葉をデジカメで撮影するテクニック

最近のデジカメはとても性能が良く、オート機能で誰でも簡単に
キレイに撮影ができます。

ですが後で見てみると、自分が感じたイメージと違う。
何か物足らないただの風景画になってしまったということもありますね。

思いもよらないところにピントが合ってしまっていたり。

性能の良いデジカメでも写真は見たままに取れていなかったりするものです。

スポンサーリンク

その場で感じたものにフォーカスを当てるように撮影してみましょう。

遠くのものを撮りたければ近づき、近くのものを撮りたければ
離れてみる。

様々な距離、アングル、角度から思いつくままにたくさん撮ってみましょう。

後で見た時に宝探しのようにお気に入りの一枚が見つけやすくなりますよ。

デジカメで好きな写真を撮影する感覚もつかみやすくなりますよ。

紅葉の鮮やかさを撮影する方法

目で見て感動した鮮やかさが写真に残せていない場合もありますね。

なんとなく全体が白っぽくぼやけた印象になってしまう・・。
霧はかかっていなかったのに、かすんでいるような印象。

写真の撮影にはその場所の湿度や大気中の湿度が関係してしまいます。
太陽の光が乱反射して白っぽく写ってしまうようです。

意外と写した写真でもちょっと補正するだけで鮮やかさを取り戻すことも
ありますよ。

白っぽさが気になるのなら撮影を行う日と前日の湿度を調べておくと
対策が取りやすくなります。

気になるときは露出を少し調節しながら何枚か撮るようにしてみて
下さいね。

まとめ

それほど写真に詳しくない方でも、写真を撮るのに自信がない方でも
少しコツを知っておくだけで素敵な思い出になる写真撮影ができますよ。

美しい紅葉とともに撮影も楽しみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。