恵方巻の食べ方で飲み物は?願い事の時は目をつぶる?笑う?

恵方巻の食べ方について。飲み物はどうしたらいいのでしょう?

願い事する時は目をつぶる、または笑うなど色々な方法が言われていますが、どのように食べると良いのでしょうか。

ここ数年で一般的に広まった恵方巻ですが、昔からの習わしや風習を知るとより楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

恵方巻の食べ方で飲み物はどうする?

節分の日にその年の恵方を向いて願い事をしながら丸かじりするというイメージが恵方巻にはあるのではないでしょうか。

丸かじりをするのだから、一気に食べないと願いが叶わない?そうなると飲み物はダメなのか、気になるところですね。

恵方巻についての発祥とされるものや起源には諸説あります。

実際のところ、食べ方についても地域によってさまざまです。

・願い事を唱えている間だけは無言で食べる。

・巻き寿司を一気に食べきる。

願い事を唱えている間だけなら、飲み物がなくても無言で食べきることができますね。

また巻き寿司を一気に食べきる場合でも、古くから行われてきたのは食べきれるように短く切った細巻きを食している方が多いです。

けしてスーパーやコンビニで見かける豪華な恵方巻用の太巻きを丸かじりしているわけではないのです。

願い事を唱えている間だけにするのなら、そのあとは自由に飲んでも大丈夫ですし、丸かじりをしてみたいのなら、丸かじりできるサイズを用意しておけば良いのです。

古くは江戸時代に商人たちが節分に厄払いと商売繁盛を兼ねて食したお寿司や、大正時代の花街で節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べるのが風習だったなど様々ないわれがあります。

最近ではコンビニが広めたというのをよく聞きますね。

昔からの風習を季節を感じながら自分たちなりに楽しめるのが恵方巻の食べ方なのではないでしょうか。

■食べやすい恵方巻を作るのも一つの方法です

恵方巻の巻き方で巻きすなしでもできる簡単な作り方について


スポンサーリンク

恵方巻の食べ方で目はつぶるの?笑うの?

恵方巻を食べる時に中には目をつぶって食べるものと考えている方もいるようですが、こちらもローカルルール的なものですね。

または願い事をする時や何か唱える時に目をつぶる感覚でしょうか。

また、恵方巻は笑いながら食べるというのもありますが、実は恵方巻という呼び名にも地域によっては幸福巻、開運巻き寿司など様々な呼び名があります。

様々な願をかけて食す意味のある恵方巻。「笑う門には福来る」という言葉もあるように、そんな意味合いもいつの間にか含んでいるのかもしれませんね。

目をつぶって食べても、笑いながら食べてもどちらでも良いと思います。

ご自身の楽しめる方法で試してみて下さいね。

■食べやすい恵方巻を作ってみるには

恵方巻の巻き方で巻きすなしでもできる簡単な作り方について

さいごに

知っているようで知らない恵方巻について少し知るだけで、より楽しめるのではないでしょうか。

年々盛り上がりを見せている恵方巻商戦の中、それに踊らされて皆が同じ方向を向いて無言で巻き寿司をかぶりついている光景が滑稽だとか言われたりもしますが、笑えるぐらい楽しいことが福をもたらしてくれるのではないでしょうか。

昔からの風習を取り入れて、季節を感じるのは素敵なことです。

ぜひ自分ルールを見つけて、楽しい恵方巻をぜひ楽しんで下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。