インフルエンザの症状 予防接種後の場合は?軽い理由とは?

インフルエンザの予防接種をしたのになぜか感染してしまった。これでは予防接種の意味がないのでは?

また予防接種を受けておくと、感染した場合の症状が軽いと言われるのはなぜ?

インフルエンザに限らず、ワクチンについて少し知っておくだけで、その意味がわかってきますよ。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状。予防接種したのになぜ?

・予防接種を受けたタイミング

予防接種つまりワクチンとは「弱毒性のウィルスのかけら」を体内に
注入することでインフルエンザに対する抗体ができます。

ですが接種後、抗体ができるまでには2週間くらいかかります。

その間にインフルエンザに感染してしまい発症する可能性は
十分あります。

予防接種だけに頼らず、手洗いやうがいなどインフルエンザから
身を守る行動は大切なのです。

・インフルエンザウイルスのタイプ

インフルエンザウイルスにもいくつかの型が存在しています。

予防接種のためのワクチンはインフルエンザが流行しそうな型を予想し
毎年準備されています。

そのため接種した同一型のインフルエンザウィルスには効果がありますが、
別の型のウィルスには効果がないということになります。

そのためインフルエンザを発症してしまう事もあります。

インフルエンザの症状が予防接種後は軽い理由とは

予防接種した同一型のインフルエンザウイルスでも発症してしまう
場合はあります。

スポンサーリンク

接種して体内で抗体ができていても、抗体がうまく働いていない時や
感染した時の体調が影響して働ききれていない時です。

その結果インフルエンザを発症してしまいます。

ですが体内に抗体が出来ているのでウイルスに抵抗します。
無防備な場合と比べると症状が軽くすむことがあります。

これが予防接種後の場合にインフルエンザに感染しても症状が軽いと
言われている理由です。

インフルエンザの症状は予防接種後はどんな感じ?

予防接種後に感染してしまった場合のインフルエンザの症状は
どんなものか気になりますね。

予防接種により症状が軽く済むことはありますが、基本的に
インフルエンザの症状と同じです。

発熱に倦怠感、食欲不振などの症状が全身に現れます。

頭痛に関節痛、筋肉痛などを訴える方も多いですね。

通常なら高熱を伴って急激に発症する症状が多いですが、予防接種後は
これらの症状がゆるやかな場合も多いです。

そのためインフルエンザの症状か風邪の症状か判断に迷うことも
ありますね。

できれば自己判断で済ませないで病院を受診するようにしましょう。

まとめ

予防接種はあくまでも予防するものです。

日頃の生活でもインフルエンザの予防や対策になるこうことは
いくつかあるはずです。

予防接種だけに頼るのではなく、意識するようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。