殻付き牡蠣の食べ方でフライパンで家での簡単な焼き方やアレンジ

殻付き牡蠣の自宅での食べ方とは?

殻がパチパチはねて大変そうですが。実はフライパンでも簡単に調理できますよ。すぐにでもできる焼き方や美味しく頂けるアレンジ方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

殻付き牡蠣の食べ方はフライパンでも大丈夫?

img_7461

網にのせて焼くと殻が飛び散って後が大変というイメージがありますが、これは 下から牡蠣を加熱しているから。

上から、または全体から均等に熱を加えると殻が飛び散ることはありません。

それではフライパンで手軽に焼く方法からご紹介しますね。

<フライパンでの調理方法>

1 フライパンに牡蠣を並べる

・牡蠣には平らな方と丸みのある方がありますが、丸みのある方を下にします。

・フライパンが傷つきやすいので、心配な方はアルミホイルやキッチンペーパーを敷きます。

2 弱火から中火で5分から8分ほど加熱

3 軽く蓋が開いたら出来上がり!

・あさりやハマグリのようにパカッとは開きませんが、少しだけ蓋が開くのが出来上がりの合図です。

・まれに開かないものもありますが、加熱時間を守っていれば十分加熱しているので大丈夫です。

4 殻から牡蠣を外す

・ナイフ等で殻の隙間から入れて開けます。ナイフでくっついている貝柱を切って、こじ開けます。割と簡単に開きますよ。

・貝が熱くなっていますし、殻で手を切る可能性もあるので軍手をはめるか、ふきんなどで殻を包んでから外して下さいね。


スポンサーリンク

殻付き牡蠣の食べ方 簡単で汚さない加熱方法

フライパンと同様に上下から加熱できれば牡蠣は食べることができます。フライパン以外の簡単な方法をいくつかご紹介しますね。

殻がパチパチはぜるのが心配な方は殻をタワシなどで洗っておくと安心ですよ。

<オーブントースター>

アルミホイルを敷いて5分程度加熱します。魚焼きグリルでもOK。

<大きめの鍋>

大きめの鍋に牡蠣が半分浸るぐらいに水を入れて、5分程度中火から弱火あたりで加熱します。水が空になったら足して下さい。

そして意外で、最も簡単な方法は…。

<電子レンジ>

耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけます。後は3分程度の加熱でOK。

最も短時間で簡単な方法ですが、電子レンジの場合は中から熱くなるので火傷に注意して下さいね。

殻付き牡蠣の食べ方 家でも美味しく食べるアレンジ

牡蠣にかける調味料として定番なのは醤油やレモンでしょうか。

このほかにも、ポン酢やもみじおろしもおすすめです。

店員さんに教えてもらった方法やちょっと変わったものなら、

・ケチャップ
・ガーリックオイル
・チーズ
・七味とうがらし

などなど。ぜひ色々試して楽しんで下さいね。

まとめ

網の上でパチパチはぜている殻付き牡蠣は掃除が大変ですが、フライパンで簡単にできれば手軽に食べられますね。

ぜひご自宅でも牡蠣を楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。